印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

株式会社 高垣組は確かな技術と自由な発想をもって豊かな社会づくりに貢献する総合建設業です。




営業スタッフ・設計スタッフが強力にサポートいたします


住まいづくりの技術は日進月歩です、その情報量たるや、コストにマッチしたベストチョイスを選ぶとなると大変な作業となります。まずはお客様からの一声からはじまります。弊社スタッフがお客様を強力にサポートいたします。

住まいづくりの進め方

プロがお客様の立場でご提案させていただきます。

ご要望条件のお伺い、工法のご紹介、ご予算・資金、スケジュールなど住まいづくりには間取り以外にもさまざまな問題が数多く存在します。住まいのプロがお客様の立場で親身になってご提案させていただきます。ご家族全員で住まいに関するご要望をお話しください。

 まずは土地から(その1)

土地探しのお手伝いをいたします。

立地のための土地はお決めになっていますでしょうか?住まいづくりのための場所がどこなのかは一番最初で一番大事なことです。しっかりと吟味をしなくてはいけません。土地探しにお困りでしたら弊社スタッフが情報集めと提案などのお手伝いいたします。

 まずは土地から(その2)

敷地調査を行います。

すでに土地が決まってる、又はこれから購入しようとしている土地。土地には法規制、高低差にともなう造成の必要性、日当りに関係する方向、近隣の関係、さらには地震には強いかなどの個性があります。この土地の個性に併せてどんな住まいができるのかを敷地調査を行い診断いたします。

 土地の個性と暮らしのイメージをコラボする

住まいをプランニグしていきます。

buld_nagare01.gif敷地調査のご報告と併せ、新生活をイメージしやすいプランの提案や概算予算のすりあわせ、必要に応じてショールームなどを活用しながら、より具体的に提案させていただきます。またご予算の根拠となる資金計画も確認させていただきます。

 暮らしのイメージが具体的な住まいへと

プランニングから見積りを行います。

buld_nagare02 (1).gifプランニングが固まってきましたら、いよいよ見積をいたします。詳細な明細により、どの部分にどのような費用がかかっているか、ご予算と内容を調整をしながら最終的なプランを決定していきます。

 建築の申し込み(仮契約)をいただきます

住まいづくりへと一歩前へ。

この段階で建築の申し込みをいただきます。契約条件のご確認、スケジュールのご確認、ローン申し込みのご確認などしていただきます。

 住まいづくりから住まいの建設へと

構造計算→最終見積り提出→本契約→確認申請へと。

buld_nagare03.gif構造計算を行い、施工用図面、建築確認申請の準備を整えます。仕様、色など最終的なプランの確認をし、最終的な見積りを提出させていただきます。構造計算の結果のご報告とともに、納得していただいた上で本契約、確認申請の手続きとなります。

 まもり住まい保険

永く住まいを守るために。

建築確認の認可後、まもり住まい保険に加入をいただきます。お引き渡し後、永く住まいの安心がより確実なものとなります。

 着工そして地鎮祭

いよいよ工事が始まります。

buld_nagare04.gif着工前にはご近所へのご挨拶を行います。地鎮祭で安全祈願をしたら、いよいよ基礎工事開始です。

 ご確認をいただきながら確実に施工

基礎工事→上棟→屋根・防水工事→外装・内装工事・・・。

buld_nagare05.gif工事中におきましても、都度お客様に仕上がりや設備などのレイアウトなどを確認していただきます。また、社内での安全パトロールなど、安全第一に工事を行っていきます。もちろん、工程のポイントごとに公的機関のチェックも入るので、安心、確実な施工を実現しています。

 完成・お引き渡し

住まいづくりから新しい暮らしづくりが始まります。

buld_nagare06.gifお引き渡し前には社内検査、そしてお客様によります本検査を行い、手直しや調整をしたら住まいが完成となります。設備の取り扱い説明やメンテナンスなどのアドバイスを行い、お引き渡しとなります。いよいよ新しい暮らしづくりが始まります。

 アフターメンテナンス

まもり住まい保険とともに10年の瑕疵担保を履行していきます。

住まいは建てて終わりではありません。お引渡し後も、住まいの相談役としてさまざまなご相談に応じていきます。

テクノストラクチャー presented by パナソニック電工

400項目に及ぶ構造計算とテクノビームによる安定した構造性能、パナソニック電工との提携(PVグループ)により高耐震・高耐久住宅工法 テクノストラクチャーを提供します。吹抜や間仕切の少ない広々とした空間、1階をビルトイン車庫とした3階建てなど、木造では随一の構造性能は本来の自由設計のための空間性能を確保しています。


テクノタイトル.jpg

日あたり良好!この恵まれた立地に、屋根いっぱいに太陽光パネルを拡げました。コンパクトなプランと省エネ性能で、これからの暮らしへと「日あたり良好!」。

住まいにとって中庭の機能とは。中庭がある暮らし。中庭は外部の環境とのプライバシーを確保しながらも、すべての各部屋へと光、風を届けることができるのです。吹抜を大きく設けることでより広々感を強調することで、ともあれ閉鎖的になることなく開放的な住まいとなりました。

2世帯同居での暮らし。食堂で、和室で、顔を合わせ、喋り合い、笑い合い、一緒にご飯を食べる。仲良く暮すことができるってことは、適度な距離感をもって互いを慈しむということ。そういった距離感を広めのLDKを中心に各部屋が繋がるプランとなりました。

設計は「GA設計」様です。スタイリッシュはデザインと各所に光を導くための仕掛けが施されています。日差しやロケーションに配慮した窓、連続的につながるプランニングなど見どころ・創りどころ満載の作品となりました。

若夫婦+お子様2人のための住まいです。 お風呂、洗面、収納、台所、勝手口へと、水廻りを中心とした使い勝手の良いプランとなっています。さらに収納スペースをしっかり確保、照明やインテリアも細かく配慮されています。

限られた予算だからこそ贅沢に・・・ 諸室を繋ぐ廊下や無駄な空間をできるだけなくし、オープンに 、この住まいを特徴づける吹抜は膨らむ家族の夢を包みます。シンプルな箱型のボリュームと相まって、外見からは想像ができない広さとコストパフォーマンスを得ることができました。

空間を大きくとるからこそ構造の強さが大事となります。 立地は積雪が1〜2mはあるところ。毎冬に屋根の雪が住まいを撓めようとします。「テクノストラクチャー工法」は、鉄骨を併せた特殊な梁を用いています。従来の木造に比べて3倍強の強度を持ち、長期間にかかる力に対して全く変形をしない特性を持っています。この雪国にあって高い耐久性のある住宅となっています。

バリアフリーとは、家族それぞれが互いに行き交い顔を合わせることで末永く豊かに暮らすことができるということ。車椅子での生活を強いられるご主人のために、リビングではむしろ段差を設けて車いすの乗り降りがしやすいこと、きっちりと広さをとり使い勝手を考えたトイレ、腰掛けてから入ることができるユニットバス、高さが変わる洗面ユニットの採用、徹底してノンレールとした引き戸など、みんなが快適に使うことができることを念頭に設計・施工をさせて頂きました。

住まいでの一工夫、玄関脇に第2の玄関?、大きな勝手口ともいうべき収納とプライベートな玄関と表玄関が併設されることで、家族や活発な子どもたちは、従来の勝手口という裏口ではなく、堂々と大きな声で出入りする表口で、日々の舞台を楽しむこととなりました。

1階にご両親、2階に若夫婦という2世帯居住です。生活のための維持費を共有しながら快適に暮らすこと、今注目されている住まいのあり方です。限られた土地のなかでもコンパクトなプランにまとめた住まいです。生活動線を分離しながらも、それでも収納はしっかりと確保するなど無駄な空間のないように工夫がなされています。

城下町である郡上八幡のなかに暮らす。土地は狭くても「まち」で暮らしつづける楽しみがあります。1階はビルトインガレージとなっているために強度不足となる構造を「テクノストラクチャー工法」でしっかりと支えています。

二世帯住宅であると同時に、積雪地ゆえに求められる構造の丈夫さ、そして家族全員がのびのびと暮らすことができる広々とした空間、この要求を「テクノストラクチャー工法」で実現をしました。この住まいの真ん中にある暖炉は家族みんなの愉快な会話を暖かく包んでくれます。

ベランダというところ、洗濯物を乾かしたりするばかりじゃなくて、きちんと広さがとってあればプランターや子どもの遊び場など、あれこれ使い勝手が考えられます。雨や雪でも外の空気が感じられるよう、テクノビームの梁を迫り出させて庇を大きくとるよう工夫しています。「テクノストラクチャー工法」






unnamed (1).jpg





テクノタイトル.jpg
nikkengakuin gujo logo.jpg